今年創業10周年 ”三方よしの未来創り”に向け新たな成長ステージへ | アイユーコンサルティンググループ

Menu

mirai company

今年創業10周年 ”三方よしの未来創り”に向け新たな成長ステージへ

司法書士法人みつ葉グループ 宮城 誠代表

今年創業10周年 ”三方よしの未来創り”に向け新たな成長ステージへ

今年6月、天神ビジネスセンターへ入居予定
 「ベンチャーから大手までさまざまな企業が入居するこのビルで刺激を受けながら、福岡の発展の一翼を担えるよう成長スピードを加速していきたい」と語るのは、みつ葉グループ代表の宮城誠氏。同社は福岡市の再開発事業「天神ビッグバン」の第一号案件である複合ビル「天神ビジネスセンター」への入居を、今年6月に控えている。

 2012年の創業以来、登記・相続・債務整理の三本柱で事業を伸ばし、現在総勢220名超・6拠点体制で全国を網羅する同社。今期売上高は過去最高の20億円を突破、来期売上高は30億円を見込むなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。今回の福岡オフィスの移転について宮城代表は「駅直結のビルに移転することで、お客さまの利便性の向上を図るとともに、働くスタッフの労働環境の向上にもつながるだろう」と期待を込める。
 
 創業時から一貫して“世のため、人のため、自分のため、三方よしの未来を創る”をビジョンに、全国トップクラスの士業グループへと成長を遂げてきた同社は、今年(2022年)創業10周年を迎えるにあたり、次なる10年目に向けたリブランディング戦略にも本格着手した。「ビジョンは創業当初のまま変えず、ミッションと行動指針を一新した。創業メンバーが牽引してきたトップダウンの成長スタイルから、スタッフが主体性を持って会社を引っ張っていけるよう、組織力の強化を図っていく」と話す。今年5月に開催を予定している社内向け周年イベントでは、新たな理念構造の発表の場とするとともに、スタッフが楽しめる形でのワークショップも考案中だという。
 
SDGs宣言企業としてマネーリテラシー向上に向けた活動も
 飛躍的な成長が注目される同社だが、SDGs宣言企業として社会課題解決のための活動に取り組む一面も持つ。今年3月には、マネーリテラシー向上に向けた啓蒙活動の一環として、福岡の公立高校で宮城代表自ら出前授業を実施。「人生で損しないお金の授業」と題し、クイズを交えた対話形式での講義を行い、終了後のアンケートでは生徒たちから高い反響があったという。

 こうした活動に取り組む背景には、長年債務整理案件に携わってきた同社だからこそ見えてきた深刻な社会課題がある。「成人年齢の引き下げにより、18歳からクレジットカードが作れるようになったり、ローンを組めるようになったが、依然として中高生に向けたお金に関する授業はほとんどない。義務を知らないまま権利が発生することに危機感を覚え、マネーリテラシーを高める必要性があると強く感じた」と経緯を語る。同社では今後も同様の活動を継続していく方針だという。
 
 次なる10年を見据え、これまでの10年間を踏襲し、新たな成長ステージへ駆け上ろうとしているみつ葉グループ。今後の同社の活躍はもちろん、SDGsの重点課題の一つとして掲げる「貧困問題への取り組み」にも引き続き注目したい。
 
 
<代表の横顔>
1989年1月2日生まれ。宮崎県出身。九州大学経済学部卒。2012年、司法書士試験に合格。大手司法書士法人で約6年の実務経験を積み、18年2月みつ葉グループに入社。同年10月より現職。
 
<会社概要>
設  立 2012年3月
代  表 島田 雄左・宮城 誠
所 在 地 東京都港区虎ノ門5-12-11 NCOメトロ神谷町4階・5階(総合受付4階)
電話番号 0120-56-9911
 

一覧へ戻る

AVAILABLE NATIONWIDE