スタートアップ支援|アイユーコンサルティンググループ

Menu

start up

アイユーコンサルティンググループのスタートアップ支援サービスは、
ベンチャーキャピタル出身の公認会計士が、
資本政策の策定から事業計画策定、
外部投資家との交渉に至るまでフルハンズオンで資金調達支援を行います。

また事業フェーズに応じ、内部統制構築をはじめとした上場準備前のサポート、会計相談まで行い、
スタートアップ経営者の方がお考えになるミライの成長企業を実現します。

このようなお悩みを
スタートアップ支援サービスは解決します

  • 資金調達をしたい
  • 将来、IPOやM&Aによるエグジットを考えている
  • 事業計画書の作成を手伝ってほしい
  • 投資家との交渉を支援してほしい
  • 上場に向けての資本戦略を知りたい

アイユーコンサルティンググループによる
スタートアップ支援サービスの特長

201022_618_s
IPOやM&Aの専門家が
エグジットまで支援

資金調達(株式や借入)の相談に始まり、IPOまでの資本戦略のご相談、VCや金融機関向けの事業計画の作成を支援いたします。また最近、種類株の発行による資金調達がトレンドですが、種類株の調達は一般的に複雑になるケースが多いです。そういった場合も種類株の設計相談が可能です。

201022_452_s
VC、監査法人、事業会社等の
ネットワークの紹介も可能

IPOを目指すのであれば、事業連携をすべき事業会社や資金の出し手であるVC等多くの仲間が必要です。また上場するには主幹事証券会社や監査法人などの協力も必要になります。これらのネットワークの紹介といったご支援も可能です。

201022_701_s
低価格でアドバイザリーサービスや実行支援サービスの提供

たとえば、株価算定やストラクチャーの相談、資本政策表、ストックオプションの設計など成長とともに必要なアドバイザリー業務の支援も可能です。また、創業初期のスタートアップでは高価で採用しづらいCFO実務の代行も行います。

スタートアップ支援サービスによる効果

適切な資本政策の提案

スタートアップ企業にとって資本政策は非常に重要です。資本政策とは、「どの株主にいくらの株価で何株の株式を割り当てるか」ということです。資本政策はやり直しがきかないため、せっかく素晴らしいサービスを持っていても資本政策を誤ってしまえば、上場へのハードルが大きく上がってしまいます。またそのリスクが最も高いのは創業期といえます。我々に任せていただければ適切な資本政策をご提案し、必要に応じてIPOまでの資本政策シュミレーションを行うことが可能です。

企業を成長させる方法が わかる

スタートアップは大企業に比べて、「ヒト・モノ・カネ・情報」の総量において勝つことは極めて困難です。上場を目指すのであれば、意思決定のスピードのみが大企業に対抗しうる唯一の武器になるでしょう。スタートアップ支援サービスを利用すれば、煩雑で多大な工数がかかる資金調達等を我々に任せていただき、事業構築に注力しスピード感をもって、上場を目指すことが可能です。

経営者の想いにあったエグジットの選択

近年はM&Aプラットフォームの整備により、株式譲渡で経営株主のエグジットを行うスタートアップも増えてきました。時間をかけてIPOを目指すのか、それとも早い段階で事業の仕組みを株式譲渡で売却するのか、M&Aアドバイザリーサービスにも精通しているアイユーコンサルティンググループだからこそ、経営者の思いに寄り添った出口のご提案が可能です。

よくあるご質問

まだ起業していないが、相談に乗ってもらえますか?

もちろん、ご相談可能です。カフェ等場所も問いません。お気軽にご相談ください。

地方にある会社でも相談はできますか?

もちろん、ご相談可能です。ZOOM等を利用した面談も実施しております。

有形資産を持たないビジネスでも相談はできますか?

現在のスタートアップの多くが有形資産を持たない会社となっております。お気軽にご相談ください。

直接、投資をしてもらうことはできますか?

現在投資事業(インキュベーション事業)については検討しております。逐次ご相談ください。

AVAILABLE NATIONWIDE