分散株式の集約による少数株主リスクの回避 |事業承継コンサルティング事例|アイユーコンサルティンググループ

Menu

succession

分散株式の集約による少数株主リスクの回避

分散株式の集約による少数株主リスクの回避
クライアント名 Y社
地域 埼玉県
業種 食料品卸売業
売上高 25億
経常利益 1.3億
純資産 10億
従業員数 43人
業歴 90年
社長の年齢 70歳
後継者の有無 有り
課題

分散株式の集約

提供サービス 事業承継コンサルティング
具体的な対策手法

名義株の整理と少数株主からの集約

結果
  • 株主が分散していることから所在不明株主リスクと買取請求リスクを懸念していた。
  • 分散株式の9割は現社長の先代の名義株であることが判明し、名義株主に対して「名義株の確認書」を用いて真の所有者への名義回復手続きを行った(先代社長の相続人は現社長のみ)。
  • 相続が発生している名義株主もおり、少数株主の相続人に対する交渉は弁護士の協力のもと進めた。
  • 残りの少数株主に対しては、社長が交渉を行い、相続税評価額を基準に可能な限り廉価での集約を進めた。
  • 買取価額が相続税評価額を下回る部分は贈与税課税の対象となることから、贈与税申告を行った。

一覧へ戻る

AVAILABLE NATIONWIDE

TOP